真田幸村画像

 


善光寺ご開帳
善光寺御開帳について

善光寺本堂に安置される御本尊一光三尊阿弥陀如来は、白雉5年(654)以来の秘仏です。
御開帳は数え年で7年に一度、御本尊様のお身代わりとして、まったく同じお姿の「前立本尊」様を本堂にお遷ししてお参りいただく盛儀です。御開帳の際には「回向柱(えこうばしら)」が本堂前に立てられます。回向柱には前立御本尊の右の御手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱となって回向柱に結ばれ、柱に触れる人々に御仏のお慈悲を伝えてくれます。
今回の御開帳は平成二十一年(2009年)の4月5日から5月31日までの57日間です。

善光寺と布引観音

当店から車で5分ほどの場所に位置する布引観音は、「牛にひかれて善光寺参り」の伝説発祥の地です。善光寺を参詣される皆様には、ぜひとも布引観音へも足を運んでいただき、大自然の中で生まれた伝説を感じていただきたいと思います。
善光寺には布引伝説にちなんだ牛の像が安置されています。
善光寺牛